<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アリス・イン・ワンダーランド
先日ティム・バートン×ジョニー・デップの『アリス・イン・ワンダーランド』を見てきました。
3D初体験だったもので、気合をいれてIMAXでみようと川崎ラゾーナまで出かけてきましたよ。
眼鏡男子なもので、3Dグラスが気になるかなぁと心配しましたが、
そのへんは全然大丈夫でしっかり堪能できました。
いやぁ映像の奥行感とか凄いですね。
巷の評価だと3Dは『アバター』の方がさらに凄いらしいですけど、
十分楽しめました。
もちろんティム・バートンならではの映像は不気味に美しく摩訶不思議…と炸裂してて素敵でした。
あと吹替版で見ましたが、白の女王の深キョンがハマリすぎでわらっちゃいました!


エンディングテーマが、深淵なピアノが印象的でダーク&ファンタジーな感じで良いなと
思ったらアヴリル・ラヴィーンなんですね。ちょっと意外。最近はこんな音なのでしょうか?

アンフェア the movie 見てきました。
ファーストデイということで
今月はアンフェア the movieを見てきました。
今までほとんど映画館に行くことなんて無かったのですが
月1の恒例になりつつあります。
感想は、続きに。

映画館で並ばずにチケットが買える!
続きを読む >>
さくらん 見てきました。
まだ公開されていないところもあるようなので
念のため、続きを読む以降に。
続きを読む >>
マリーアントワネット観てきました。


昨日、ファーストデイという事で、
気になっていたマリーアントワネットを観てきました。

私は、歴史も疎いし、ベルバラも読んで無いのでストーリー的には??な感じでした。
起伏が無いと言うか、のっぺりした感じとでも言うのでしょうか…
評価が賛否されるのは納得です。

とはいえ、期待していたのは音楽と映像なので、
そういう意味では大満足でしたよ。
ヴェルサイユ宮殿、ドレス、スイ−ツ、
白馬の馬車、夜遊びして向かえる朝、狩へ向かう何頭もの馬が疾走する森 etc
いろんな場面が、POPに煌びやかにカラフルに彩られています。

そして、なんといっても音楽の使い方は秀逸ですね。
結構ニンマリしちゃうシーンが多かったです。
退廃的、刹那的なシーンにニューロマって!イメージ会いすぎですよ。
(この前、店頭で我慢したサントラやっぱ欲しくなっちゃいました…)

マリー・アントワネット オフィシャルHP
映画館で並ばずにチケットが買える!

マリー・アントワネット
サントラ スージー&ザ・バンシーズ バウ・ワウ・ワウ
B000JLSWIW












蜷川実花さん、初映画監督作品『さくらん』。
2007年2月24日公開予定の映画「さくらん」が気になります。写真家・蜷川実花さん初の映画監督ということで、その独特の色彩感がスクリーンで表現される事でしょう。





「さくらん」オフィシャル・サイトはこちら

蜷川実花さんの最新作は、造花がモチーフです。彼女の色彩感を堪能するにはバッチリです。
永遠の花
永遠の花